エアコンクリーニングにおける価格の幅は広い?

 

エアコンクリーニングの価格相場はどのくらい?

 

こんにちは!管理人の入澤です。

 

今回はエアコンクリーニングにおける価格の相場についてお話ししていきたいと思います。

 

さて、最近はめっきり暖かくなり、暖房を使うことも少なくなってきた頃ですね。

 

僕もヒートテックが長袖から半袖に変わっています(笑)

 

まぁ、そんなどうでもいい情報はさておき、この時期はそろそろ、ハウスクリーニング業者達がそろってエアコンクリーニングのキャンペーンを始める季節でもあります。

 

そして、エアコンクリーニングというのは非常に価格の幅が広く、種類が豊富なクリーニングメニューです。

 

さて、次の章から、エアコンクリーニングが必要な理由、エアコンクリーニングの価格に差が出てくる理由、選ぶときの注意点を合わせて順に説明していきたいと思います。

 

エアコンクリーニングが必要な理由は?

 

エアコンクリーニングが必要な理由は?

 

なぜエアコンクリーニングが必要なのでしょうか?

 

ざっと大きく2つにわけてみましょう。

 

1.カビの発生をおさえる為。

 

2.エアコンの稼働率をおさえ、寿命をのばす為。

 

こんなところでしょうか。

 

当然のことですが、エアコンを使えばカビが発生します。

 

タチの悪いことに、カビというのは人の手の届かないところに発生するものです。

 

そのカビを、洗浄し、発生をおさえるのが、1番目の理由です。

 

また、汚れたエアコンというのは、どうしても稼働率が悪くなります。

 

例えば、冷房の効きが悪くなったり風が弱くなったりなど、いろんな不具合が起こります。

 

そして、汚れたエアコンは内部のモーターの寿命が短くなるのはもちろん、外板パネルの劣化も早まり寿命が短くなります。

 

そういった不具合をおさえ、エアコンの寿命をのばすのが2番目の理由です。

 

 

なぜエアコンクリーニングの価格は幅が広いの?

 

なぜエアコンクリーニングの価格は幅が広いの?

 

なぜ同じエアコンクリーニングをするのに、価格に幅がでてしまうのでしょうか。

 

それには、以下の理由が1番大きいでしょう。

 

エアコンの種類によって価格が変わる為。

 

「当たり前だろ!」と思われた方もいるかもしれませんね(笑)

 

次の章で具体的な価格と価格差について、説明していきましょう。

 

エアコンの種類の価格差はどのくらい?

 

エアコンの種類によって価格が変わる為。

 

一口にエアコンといっても、色々な種類のエアコンがあります。

 

一般的な、家庭用壁掛けエアコンから、店舗などで使うような、業務用天埋エアコンなど実に種類が豊富です。

 

ですので、今回は最もポピュラーな家庭用のエアコンにスポットを当てていきましょう。

 

家庭用壁掛けエアコンは以下の2種類のエアコンにわかれます。

 

1.特別な機能のないスタンダードなエアコン

 

2.お掃除機能付きのエアコン

 

また、それぞれのエアコンの価格の相場も載せておきましょう。

 

スタンダードのエアコン

約5,000円〜12,000円

 

お掃除機能付きのエアコン

約13,000円〜25,000円

 

この2つのエアコンの価格の差はなんなのか、一言で言えば作業時間の差になります。

 

2のお掃除機能付きエアコンというのは、エアコン内のロボットが自動でフィルターのホコリをお掃除してくれる、エアコンのことです。

 

実際、ハウスクリーニング業者が、エアコンクリーニングを行う際には、そのお掃除ロボットをエアコンから取り外さなければなりません。

 

正直な話、そのお掃除ロボットを取り外すのは、メーカーごとに差はあれど、非常に時間がかかってしまいます。

 

スタンダードなエアコンの平均作業時間は1時間前後ですが、お掃除機能付きエアコンでは2時間以上かかることは珍しくないです。

 

 

エアコンクリーニングの価格から見る業者を呼ぶときの3つの注意点とは?

 

エアコンクリーニングの価格から見る3つの注意点とは?

あなたがエアコンクリーニングをしようと思ったら、業者を呼びますよね?

 

そのときに価格だけで選ぶと、思いもよらぬトラブルがあるかもしれません。

 

そんなトラブルを避けるための3つの注意点をお話ししていきます。

 

まずは、お掃除機能付きエアコンについてです。

 

お掃除機能付きエアコンは、作業時間がスタンダードエアコンにくらべて倍以上かかることはお話しさせてもらいましたよね。

 

なんとこのエアコン、メーカーごとに作業時間が変わってしまうことが多々あるんですよね。

 

例えば、「ダイキン」のエアコンは分解が意外と楽で、2時間ほどで作業が終わるのに対し、「シャープ」では3時間ほどかかります。

 

その影響なのか中には、メーカーごとに価格が変わってくるハウスクリーニング業者もあるようです。

 

また、かなり珍しい例ではありますが、スタンダードなエアコンでも注意してほしいポイントが2つあります。

 

2つ目はエアコンの大きさです。

 

お掃除機能がついていないエアコンでも「幅が〜cm以上」で価格が変わってくることがあります。

 

例えば、大手フランチャイズのダスキンだと120cm以上のエアコンは3,500円も価格が上がります。

 

3つ目は5,000円程の価格でエアコンクリーニングを行なっている、激安店についてです。

 

こういった激安価格の場合、なんらかの制限がついてくることがあります。

 

例えば、通常のエアコンクリーニングでは、エアコン本体の内部洗浄、分解したカバー、フィルターの洗浄が基本的なメニューです。

 

そこを、激安価格の場合、エアコン本体の内部洗浄のみで、分解したパーツは洗わないということがあります。

 

ですが、そういった内容はサイトの中に記載されているはずなので、しっかりチェックをしておけば大丈夫でしょう。

 

いずれにせよ、もし自分でわからなければ、依頼したいハウスクリーニング業者に問い合わせをしてしてみて、お見積もりをするのが1番安全な方法ですね。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ざっとですが、エアコンクリーニングにおける相場と、価格の差、3つの注意点を説明させていただきました。

 

今回僕が伝えたいのは2つです。

 

1つは、これからエアコンクリーニングをしようと思っている方は、まず自宅のエアコンの種類をしっかりと確認すること。

 

2つ目は自分でわからなければ、ハウスクリーニング業者に、お見積もりを依頼すること。

 

これを行なっておけば、いざエアコンクリーニングを行うときにトラブルは起きにくくなるはずです。

 

これから暑くなる季節ですので、この機会にエアコンクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。